スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ

キュウ、メグ、リュウの年齢が13歳になっている(原作・アニメでは15歳)。
キンタが大学生(原作・アニメは高校生)で、いつも浴衣を着ていた。口調も「~ござる」になっている。
キュウの一人称が「僕」(原作・アニメでは俺)。
三郎丸が原作やアニメでは真っ二つに切られていたのに対し、ドラマでは焼死(ただこれも、原作にある事件のネタ)と言う設定になっている。また、殺される役は三郎丸のみでAクラスのメンバーが登場しない。
キュウに担任の先生(演:佐藤弘道)が居る。
団守彦が歩く事が出来る。
リュウの性格が原作より明るい。
三郎丸が原作よりも友好的。
真木慎太郎が監察医ではなく探偵になっていて、性格も厳格になっている。
霧咲島に人が住んでいる。
一部に原作の九頭龍匠関連の内容が含まれる。(龍の画の扉を開いて入ったキュウとメグが閉じ込められる)
DDS手帳がDDSノートに変更されている。
スポンサーサイト

アニメ

団がキュウと連城暁が親子であることを知っていた。
原作では死亡した被害者が、アニメでは生きていた(また、原作での死因は刺殺であったのに対し、アニメでは鈍器で殴られ重傷を負ったことになっている。)。
冥王星の人員構成。
キュウ、メグ、キンタの出会いと、3人がDDSを受験するに至った経緯。
カズマの口調がアニメでは所々に敬語が混じっている。
三郎丸が普通にAクラスに入っている。
原作で冥王星が関与した降霊術殺人事件が、アニメでは普通の事件になっている。また、この逆もある。

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。